マクロの世界(キュウリグサ)

極小の花キュウリグサ

画像

  キュウリグサ(越年草)
 ムラサキ科キュウリグサ属 の雑草。
和名は、葉をもむとキュウリのようなにおいが
することに由来する。

 全国の道端や草地などに群生していることが多いが、
3~5mmと小さな花なので、気を つけて観察しないと
見逃してしまう。
葉は互生し、細毛がある。
高さ15~30cm。下部の葉は長い柄があり、
長さ1~3cmの卵円形。











       極小(3~5mm)の花ですがノートリミングでこれだけ大きく写せます。
         オリンパス SP-510UZ 280㎜(35mm換算)+Ⅹ3 拡大レンズ
画像

この記事へのコメント

2016年03月23日 19:03
こんばんは♪
小さい花なんでしょうね。
キュウリの匂いがするんですか。
2016年03月24日 17:02
笑みりんさん こんにちは
 今日も良い天気で枝垂れ桜が咲き始めました。
キュウリグサは、極小の花でまず気が付かないと思います。
私は、毎年咲くところを知っているので見つける事が出来ます。
キュウリの匂いは、わかりませんでした。