ミズトンボ

ミズトンボ

画像  角度を変えて撮ると面白い。

画像画像














画像


画像画像










画像画像画像










    yahoo百科事典より

 【水蜻蛉】   ミズトンボ

[学名:Habenaria sagittifera Reichb. f.]

ラン科の多年草。名は、湿地に生え、花をトンボに見立てたもの。また、花が同属のサギソウより緑色を帯びるので、別名アオサギソウ(青鷺草)ともいう。塊根は球状に肥厚する。花茎は高さ40~70センチ、数枚の葉をつける。葉は線形で長さ5~15センチ。8~10月、径約1.2センチの帯緑白色花を約10個開く。側萼片(がくへん)は強く後ろへ反り返る。唇弁は長さ2センチ、十文字状に三裂する。距(きよ)は長さ約1.5センチ、先端は強く膨らむ。温帯の湿地に生え、北海道から九州、および中国大陸に分布する。近縁のオオミズトンボH. linearifolia Maxim.はサワトンボともいい、よく似ているが、花はより白く、唇弁の側裂片に鋸歯(きょし)があり、距の先端は徐々に膨れる。湿原に生え、関東地方以北の本州、北海道に分布する。

ミズトンボ属は、球状の塊根、裸出した粘着体、左右に分かれた柱頭で特徴づけられ、熱帯を中心に約600種あり、日本にはほかにサギソウ、ムカゴトンボなどがある。

[ 執筆者:井上 健 ]

"ミズトンボ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント